【原作小説】たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 最新刊13巻

スポンサーリンク

どうも、ししゃも(@sisyamono_oniwa)です。

2021年3月頃に突然ハマりました。小説「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」こと略してラスダンの最新刊13巻の発売日が決まりました!

因みにラスダンは、GA文庫のライトノベル原作(著者-サトウとシオ、イラスト-和狸ナオ)で、ガンガンONLINEにてコミカライズ(作画-臥待始)、月間少年ガンガンにて日常の話がメインのスピンオフ作品「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街の食堂で働く日常物語」(作画-草中)され、2021年にはスマートフォン向けゲームアプリのリリースも予定のメディアミックス展開もされています。
2021年8月時点で原作小説は12巻まで発売されています。

GA文庫の公式サイトの紹介文によりますと

イブの企みを暴くべく、国境監獄ジクロックの調査を進めるアザミ王国の面々。
凶悪犯勢揃い、大陸最大の地獄とさえ言えるそこへ、なぜかロイドが収容されてしまい・・・・・・
「ここが心を鍛える修行場ですね! 」
劣悪環境もなんのその、前向きに獄中生活を楽しむ様子に監獄騒然!?
あまりのタフさに極悪囚人たちをも恐れさせ、遂にならず者の頂点へ!
「そうだ、ちょっと家に帰らなきゃ」
さらにお出かけ感覚でふらっと脱獄も成功させちゃって、もう誰にも彼を止められない!
陰謀渦巻く凶悪監獄で繰り広げる、 勇気と再会の物語。
うっかり無自覚プリズンブレイク編、第13弾!

GA文庫公式サイトより引用

ラスダン13巻の発売日や価格情報

タイトル:たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語13
著者:サトウとシオ
イラスト:和狸ナオ
定価770円(本体700円+税10%)
ページ数:288ページ
発売日:2021年9月15日(GA文庫公式新刊情報の情報参照)

コメント