うさぎのお耳の形が可愛い「わらっこ倶楽部 うさぎハウスS」

どうも、ししゃもです。

我が家のうさぎは、基本ケージ飼いで遊ばせる時はケージにサークルを繋げて遊ばせていますが。

その際に使っているおもちゃを紹介します。

わらっこ倶楽部 うさぎハウスS

商  品  名  称:うさぎハウスS
メ  ー  カ  ー:株式会社川井
サ イ ズ :W220×D220×H180
希望小売価格:1700円(税込)
購  入  価  格:1680円(税込)

購入時は店頭ではそこまで値引きはされておらず、ほとんど定価でした。

感想

まずこちらが買った状態です。

本体はビニールで直に包まれていて商品の案内用の紙が中に挟まっている状態で売っていました。
小鳥・小動物ペットの商品を色々作っている川井の商品ですので質は確かだと思います。

川井の人気商品のチモシーで作られた「うさぎの座布団」等のシリーズである「わらっこ倶楽部」の一品で、チモシーで編まれた商品です。
ハーブの一種であるレモングラスが編み込まれていて、どうやら虫除けの効果もあるそうです。

最大の特徴は、うさぎの耳を模した耳が可愛いです。勿論チモシーで作られているので、うさぎのオヤツにもなります。

下の画像が我が家のうさぎに与えてみた時の画像です。
最初はやはり、警戒して匂いを飼いだりして安全なものか確認しています。

写真を見ると分かると思いますが、ハウス自体はそこまで大きくありません。
我が家のうさぎは「ネザーランドドワーフ」のオスですが、うさぎが中に入ると多少の余裕がある程度でした。

耳が丁度出っ張っているので、噛りやすいのか良く齧って遊んでいました。
ハウスの中に収まって寛いでいる時は、シャッターチャンスです。めちゃくちゃ可愛いです。

せっかくうさぎも気にって毎日のように遊んでくれていたんですが、いつの間にか中に入って遊ぶより齧って壊して遊ぶ方が気に入ってしまったのか、半年程で半分位はうさぎのオヤツに、もう半分程は細切れになったチモシーと化してしまいました。

齧って遊ぶのがストレス解消になっているならそれは十分なのですが、飼い主の思惑としては、中に入って寛いでいる姿を見たかったので、ちょっと残念でした。

うちのうさぎは、あまりガリガリ齧るタイプでもないですが、それでも豪快に齧って遊んでいた位に分解するの楽しいようでした。

なので、遊びたいタイプのうさぎには、最初から齧って分解する玩具として割り切って遊ばせると良いと思います。

分解していく様は動画に撮ると、普段とは違った別の可愛さが発見できるかもしれませんよ!!

中に入って寛ぐも良し、齧って豪快に分解するも良し、うさぎが気に入った遊び方をしてくれると思いますので、そういう一面みたい方は是非買ってみてください。

コメント