巣鴨の天然氷のふわふわかき氷「かき氷工房 雪菓」「いちごまみれ」

嫁おすすめのかき氷専門店に行ってきました。

お店の場所は巣鴨です。巣鴨と言えばお年寄りのイメージが何故かあります。

感想

お店はとげぬき地蔵のほぼ真横の路地にありました開店時間とほぼ同じ11時ごろに到着しましたが、既に10人程が並んでいました。

普段から並ぶ人が多いのか、お店の前にはコーンで並ぶ場所が作られていました。

待っていると店員さんが出てきてお品書きを渡してくれました。

メニューは通常メニューと限定メニューがあるようです。

大体1000円前後の価格です。

20分程待ち入店です。

店内はカウンターを入れて20席あるかないか程の広さでした。

あまり広くはないですが、店内は綺麗で清潔な感じがします。

厨房ではでっかいかき氷機があり大きな氷がゴリゴリと削られていて、注文されたかき氷が次々と作られていました。

セルフサービスの冷たいお茶を飲みながら待つこと10分程で注文した期間限定メニュー「いちごまみれ(税込1250円)」が運ばれてきました。

真っ赤なこの見た目、かき氷の周りと天辺にいちごが飾られています。

かき氷の中にも外にもふんだんにいちごを使った贅沢ないちごのかき氷です。
(シロップとは別に約11個の生いちごの実を使用)
シロップも含めると1パック半以上のいちごを使用しております。
今年は天然氷でのご提供となります。

かき氷工房 雪菓の公式HPより

見た目はまさに「いちごまみれ」!!さらに1パック半以上のいちごはいちご贅沢に使いすぎです。

まさに「いちごまみれ」の名前に相応しいです。

まずは練乳を別皿の練乳をかけずに頂きます。

天然氷に拘っているとのことですが、富士山の天然氷を使っているよです。

氷は一般的なかき氷のようなザクザク感は全くなく新雪のようにふわふわしていて、口の中に入れると直ぐに溶けてしまいます。

そもそも天然氷のかき氷を食べた記憶がないですが、拘るとかき氷とはここまで変わるのかと驚きました。

表現としては、降ったばかりの新雪にシロップかけてそのまま食べてるような気持ちです。

シロップも良くある市販のかき氷のシロップではなく、生の果物から手作りをしているようで、シロップといういうよりジャムに近い感じでした。

市販のかき氷シロップとは違い、いちご独特の酸味がとても良い味出しています。

別皿に練乳が入っているので、少し食べた後にかけて食べてみます。

全体的にいちごシロップの酸っぱさが少し強いと感じていましたが、練乳をかけると甘くなり自分好みの味なりました。

半分程食べ進めると、スプーンが何かに当たりました、ゴソゴソと掘るとかき氷の中にもいちご沢山仕込まれていました。

かき氷の外だけじゃなく中にもいちごとは恐れ入りましたよ「いちごまみれ」

途中、冷たい物を食べた時の頭痛に苦しめられましたが無事完食しました。

ちなみに店内にはサインも飾ってありました。

嫁に釣れられて来てだけで、ただのかき氷屋だと思ってましたが、イラスト関係の仕事の人のサインが多いのがどうしてなのか気になります。

かき氷工房 雪菓は人にオススメできる美味しいかき氷屋ですので、また巣鴨に寄った際は食べに行きたいと思います。

店舗情報

店舗名:かき氷工房 雪菓

営業時間:11:00~17:00

定休日:月曜日(要確認)

電話番号:03-5980-9891

所在地:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-37-6

最寄り駅:JR巣鴨駅、都営地下鉄三田線巣鴨駅

JR巣鴨駅から方が遠いですがそれでも10分ちょっとでお店につけると思います。

コメント