南浦和でデカイ塊ブタが食べられる二郎系「らーめん虎丸」

どうも、ししゃもです。

南浦和は基本的に住宅地のため飲食店はそこまで多くはありませんが、実はラーメン屋がそこそこあります。

そしてその中に一軒、二郎系のラーメン屋もあります。

今回は南浦和の二郎系「らーめん虎丸」の紹介です。

店の行き方

JR京浜東北線・武蔵野線の南浦和駅の西口左側に見えるみずほ銀行のある飲み屋街を抜けた先にある横断歩道を一つ渡った先にあります。

駅から徒歩で5分程の近場です。

二郎系らしく黄色い看板ですので分かりやすいです。

店の前には水深公園という公園があります。

店内はL字カウンター席と奥にテーブル席があります。

メニュー

店内に入ると左側に券売機があります。(全て税込みです)

基本の豚骨醤油らーめん(800円)、塩らーめん(830円)、味噌ラーメン(900円)等の他に限定メニュー1(1000円),限定メニュー2(1100円),限定メニュー3(1200円)等もあります。

少食の方でも食べられそうなミニらーめん(750円)もあるのが嬉しいですね。

トッピングも味玉(100円)、魚粉(50円)を始め、限定トッピング(150円)何かもあり、券売機には7種類のトッピング表示されています。

他には、オレンジジュース(200円)やコーラ(200円)もあります。住宅地なので子供が来た時用のメニューでしょうか。

感想

20時頃のに訪問しましたが、丁度店内はお客さんがいない状態でした。

券売機でらーめん(800円)を購入します。

券売機の左側にウォーターサーバーがあるので食券を買ったにコップに水を注いで空いている席に座りました。

食券はカウンターの上に出します。

卓上には、レンゲ、割り箸、味を調整するタレ、七味、胡椒、爪楊枝があります。

二郎では、コールと呼ばれる無料のトッピングを選択出来ますが(いわゆるヤサイマシマシニンクアブラカラメ)らーめん虎丸でも無料のトッピングがあります。

コールのタイミングは、ラーメンが出される直前です。

虎丸では、野菜、にんにく、あぶら、からめ(味の濃さ)、たまねぎの5種類があります。

無料トッピングメニューにも書いてありますが、にんにくは通常入っていません。

今回はにんにく、たまねぎを頼んでみました。

野菜は通常の量のですが量は十分ですが、ほとんどがクタクタモヤシでした。

横から見た感じモヤシの山が見えます。

注目すべきはデカイ塊ブタが入っていることです。写真ですと1つですが同じサイズのがモヤシの下より出てきました。

この塊ブタが当たりだったかは分かりませんが、全体にとてもいい具合に味が染み込んでいて、柔らかくて美味しくて、ブタの味でモヤシがもしゃもしゃと食べ進められます。

この豚のインパクトが結構凄いです。大きいのでとても食べ応えがありますので、満足度が高いです。

二郎好きにもこの豚は満足出来ると思います。

因みに、豚は100円で一つ追加してしていけます。

この豚はご飯のおかずにしたらご飯が進みそうです。
お土産用豚(1500円)ハーフ(750円)があるので、買って帰るのもありですね。

麺は二郎系らしい、太麺ですがコシとは違う硬さを感じました。

スープは二郎系らしく、乳化スープですが少しとろみががあり、麺に良く絡まります。

美味しいですが、二郎を良く食べる人が二郎系だと思って期待しすぎると肩透かしを食らうかもしれません。

が、何度も言っていますが大きい塊の豚!!

豚がとにかく大きいので、これは一度食べる価値があると思います。

店舗情報

店名:らーめん虎丸
営業時間:午前の部11:30~15:00 午後の部17:00~22:00
定休日:不定休
住所:〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目17−2

コメント