美味しいどら焼きの皮だけで買える 千成もなか本舗 巣鴨店

ししゃもです。

お婆ちゃんの街のイメージの巣鴨ですが、実は美味しいお店が沢山あります。

今回紹介するお店もその一つ。なんとどら焼きの皮好きに耳寄りのお店です。

どら焼きの皮だけ買えてしまうんです!!

お店の名前は「千成もなか本舗 巣鴨店」

名前の通り「もなか」がメインで他にも和菓子を販売しているお店です。

千成もなか本舗は、昔ながらの手作りの味に
こだわったもなかの専門店でございます。
1937年(昭和12年)の創業以来、
合成保存料を一切使わない方針を貫いております。

千成もなか本舗ホームページより引用

とのことで、今年で創業82年にもなるお店で長い歴史があるお店です。

商品情報

商品名:和風パンケーキ(餡なしのどら焼き)
入り数:6枚入
値 段:200円(税込)

こちらが今回紹介します どら焼きの皮です

名称は「和風パンケーキ」となっていますが、すぐ左側に「餡なしのどら焼き」と書いてありますね。「和風パンケーキ」という名前も見た目的に似合っていると思います。

一枚ペラ紙が挟んであるのですが、ただのどら焼きの皮なのに、味への自身を感じます。

透明なプラスチックの容器にどら焼きの皮が6枚入っています。

見た目は勿論どら焼きの皮そのものです。

食感はふんわりしていますが、餡の甘さがないぶん皮の確かな甘みを感じられてとても美味しいです。
このまま食べても美味しいですが、二枚使ってオリジナルのどら焼きを作って食べるのも勿論ありです。

ちなみに僕が美味しいと思った食べ方は、オーブントースターでカリカリにして食べるです。

どら焼き本来のふわふわな食感も良いですが、熱々のカリカリの状態のどら焼きの皮もとても美味しいです。

千成もなか本舗の店内には無料のお茶が頂けて座るスペースもあるので、買ってその場で出来たての熱々を食べることも出来ます。
熱々を食べながら店員さんと談笑しているお婆ちゃんがチラホラ。

どら焼きの皮は余程の人気商品なのか、通りに面した店内の入り口の脇にどら焼きの皮専用の売り場があります。

ただ、頻繁に補充されるのですが、熱々な状態でお客さんが買って行ってしまうため、目立つ売り場なのに売り切れになっていることもしばしば。
美味しさも勿論ですが、200円という値段も人気の理由なのだと思います。

僕が行く日は土日が多いのですが、土日はお客さんが多いのか売り切れても、出来たてが直ぐに補充されていくため、よっぽどタイミングを逃さなければ買い逃すことはないと思います。

ぜひ巣鴨に立ち寄った際は「千成もなか本舗」でどら焼きの皮を買ってみてください。
勿論、どら焼きの皮をだけじゃなくて、どら焼きも売ってますので、そちらも是とも。

店舗情報

店舗名:千成もなか本舗 巣鴨店
住 所:170-0002 東京都豊島区巣鴨3-28-8
電 話:03-3917-8885
FAX:03-3917-8885
店舗地図

コメント