シンプルだけど鶏とごぼう等で具だくさんコープPB品「とり釜めしの素」が美味しい

スポンサーリンク

ししゃもです。

釜めしの素にハマってしまいました。

今回はコープでしか購入できないコープPB品の「とり釜めしの素」の紹介です。

コープ「とり釜めしの素」

まずはパッケージです。

オレンジの背景が目を引くプライベートブランドらしいシンプルなパッケージです。
シンプルながら、「鶏にくとごぼうの活きた味わい」と特徴がアピールされて、鶏肉、人参、ごぼう、たけのこ、油揚げ、こんにゃくの6種の具が記載されており分かりやすいです。

側面には名称・原材料名・製造者が記載されています。

裏面は調理方法や栄養成分等が記載されています。

作り方は3合が基本で、3合の場合だと通常通りお米を研いでお水をいれて、そこに釜めしの素を入れてかき混ぜて通常通り炊いて完成でで、2合、4合、おこわ風にも対応しています。

作り方に関してはスーパーで購入できるレトルトの釜めしの素と同じです。

注意としては、釜めしの素を手でかき混ぜる場合は手が思った以上にべとべとになりますので苦手な人は注意しましょう。

今回は2.5合で炊きましたが、箱の作り方には書かれていませんが、3合の場合と同じ作り方で炊きました。

内袋です。
大きな文字で釜めしの素の文字。

炊きあがった状態です。
鶏肉、人参、油揚げ、ごぼう、こんにゃく、たけのこと具材6種類確認できます。
全体的に薄茶色なので人参の赤色が良いアクセントになっていて美味しそうです。

お茶碗によそった状態です。

たけのこが結構大きく、鶏肉もご飯と比べて大きいです。

味は醤油の味がして、いかにも炊き込みご飯という感じです。

鶏肉が程よい大きさでご飯と一緒に口に入れてもしっかりと存在感があり美味しいです。
油揚げにしっかりと味がしみ込んでいて、油揚げも美味しく食べられます。

コープオリジナル商品のため、コープでしか購入できませんが、200円前後で買えるのに満足度は高くオススメです。

今回使った釜めしの素「コープ とり釜めしの素」

商品名:コープ とり釜めしの素
製造:セントラルパック株式会社
購入店舗:コープ(コープPB品のためコープでしか購入できません)
内容量:210g
取得価格:198円+税

原材料:鶏肉、野菜(にんじん、ごぼう)、しょうゆ(大豆(遺伝子組換えでない)・小麦を含む)、たけのこ水煮、砂糖、油揚げ(大豆を含む:遺伝子組換えでない)、こんにゃく、チキンオイル、食塩、たん白加水分解物、かつおぶしエキス、こんぶエキス、しいたけエキス/増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、塩化Ca、水酸化Ca(こんにゃく用凝固剤)

コメント